情報を知る

平均的な給料と、業務内容に伴う手当。

雑誌編集者への転職を考える場合、その業務内容はもちろん、給料も気になるポイントです。転職の対象となる出版社や雑誌の売れ行きによっても異なりますが、一ヶ月の平均的な給料としては、勤続5年から10年程で、25万円から35万円程度といったところです。目安としては、一般的なサラリーマンよりも、やや高めという認識で良いでしょう。また雑誌編集者の仕事は多岐に渡り、取材先に訪れたり、連載の担当筆者のところへ出張する事も多いです。その際、月々の給料とは別に、出張手当が出る場合もありますので、転職を考える場合には事前に確認しておくと良いでしょう。さらに、締め切りの関係で休日に出勤する場合もあるため、その際に休日出勤手当が出る場合もあります。

雑誌編集者の主な業務内容。

雑誌編集者の業務の特徴としては、まずは記事の企画発案が挙げられます。これはマンガ雑誌や情報誌、趣味の雑誌など、いかなるジャンルの雑誌で当てはまります。誌面で紹介したい事や、読者が求めていそうな企画を考えるのです。また、情報誌や趣味の雑誌では、編集者も取材に同行し、取材の監督業務を行う事も多いです。監督業務は多岐に渡りますが、例えばカメラマンに記事に必要なカットや構図の指示を出したり、ライターのインタビューをサポートしたりします。さらに、編集者自らが写真撮影を行ったり、ライターとなる取材も多く、撮影の技術や執筆能力も求められます。撮影や執筆は、経験を積めば割と誰でも出来るようになりますので、経験がなくても転職に与える影響は少ないです。

費用がかかる

現在、人材確保の為に求人掲載を求める企業も増えているでしょう。優秀な人材を手に入れる為にはネットを活用していきますが求人サイトだと費用がかかる可能性もありますので知っておきましょう。

詳細はコチラ

仕事内容も魅力

都会にいくと非常に多くの求人に出会うことが出来ます。また魅力的な業務もありますのでやり甲斐を感じることもあるでしょう。ネットなら沢山の情報が掲載れているので活用していけば見つかります。

詳細はコチラ

登録をしよう

登録をすることで、日払いバイトを簡単に紹介して貰えます。お小遣い稼ぎをしたい人にとっては活用したいでしょう。説明会も行なわれているのでどんどん活用していきます。

詳細はコチラ

高収入を期待

世の中には数多くの仕事がありますが、中には高収入が期待出来る日払いバイトもありますのでチェックしてみましょう。最低でも時給1000円となっており、充実した収入が約束されます。

詳細はコチラ